ZUMBAインストラクター・バイラちゃんの雑談ブログ

見た映画や美術展やライブのこととか、雑談を書きまくっちゃうぞー!!いぇーい

見てきた美術展のはなし「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」

東京日本橋の三井美術館で2014年に開催し大好評だった「超絶技巧!明治工芸の粋」展の第2弾なのであります。今回は七宝、金工、牙彫、木彫、陶磁などの明治工芸と現代作家の作品を紹介しています。 

 

安藤緑山の象牙の作品を初めて見た2014年の展覧会。あの衝撃はいまだに忘れません。「これって象牙なの?本物の果物に見えますけど」と思った食べ物シリーズ。あれがまた見られる!!

 
f:id:conte100:20171103131525j:image

というわけでいそいそと出かけてきましたが、なんと今回は明治時代の工芸品だけではなく、現代作家による作品も一緒に展示してあります。

 

ついつい比較して、どっちかに肩入れしたくなるのが人間というもの。「明治工芸の方がすごいに決まってる!!」と思っていたのですが、なんとなんと両方すばらしかった。

 

そりゃそうだ!! だから一緒に並べたんですよね。

 

明治がスゴイでも、現代がスゴイでもなく、どっちもスゴイ!!

 

私は今回初めて見た、鹿の角で作った「桜の枝」の彫刻に感動して胸がキューンとなりました。橋本雅也さんの作品。鹿の骨や角を素材として彫刻した花のシリーズがいろいろ展示されています。今度は個展でじっくり見たい!! 

 

自在置物と言って、くねくね動かせる置物があるのですが、なんと蛇の骨格で表現した満田春穂さんの作品もかっこよかったな~!!

 

新しい発見が多くて楽しい展覧会です。人気が人気を呼び混雑していますが、一見の価値大!!

 

---------------

ちなみに私バイラちゃんは「ズンバZUMBAサークルBailando吉祥寺」で女性限定、初心者歓迎クラスを担当しています。みんな遊びにきてねー!!くわしくはこちら

ズンバZUMBAサークルBailandoバイランド吉祥寺ブログ