ZUMBAインストラクター・バイラちゃんの雑談ブログ

見た映画や美術展やライブのこととか、雑談を書きまくっちゃうぞー!!いぇーい

最近みた映画のはなし「トンネル/闇に鎖された男」韓国映画

いやーハラハラドキドキの2時間7分でした。夜寝る前に見たので興奮してしまい、しばらく寝付けなくなりました。


トンネル 闇に鎖された男(吹替版)(プレビュー)

 

全長1.9kmのトンネルが崩壊して、生き埋めになってしまった主人公(イ・ジョンス)。手元にあるのは500mlペットボトル2本とバッテリー78%の携帯電話、娘への誕生日ケーキだけ。

 

すぐに駆け付けた救助隊長と携帯で連絡が取れ、「一週間はがんばってくれ」と言われて、わずかな水とケーキで飢えをしのぐのですが、事態はどんどん悪化して、、、というストーリー。

 

映画が始まってわずか10分でトンネル崩落シーンなので、「あと120分どうやって話をもたせるのだろう?」と不思議になります。瓦礫の中であまり動けない主人公をずーっと映しても、画面が持ちません。

 

と思ったら。これがビックリするほどめくるめく展開で、あっという間の127分なんですねー

 

トンネルの中だけではなく、外側の世界も同時に描くことで話がどんどん盛り上がります。特に、主人公の妻(ペ・ドゥナがすばらしい)と、救助隊長(オ・ダルス)たちの熱い奮闘ぶりが心にジーンときます。

 

助かるのか?と思いきや、やっぱダメかも、、、いやいや助かる!!、、、でもでも

 

救助が長引くにつれ、外の世界では「きっともう死んでるよ。家族の為に死体だけは掘り起こしてあげたいよね」という扱いになっていく主人公。一人の命のために国家が何をできるのか?という最終局面で下される残酷な決断!!!

 

でもあきらめないでーーーー!!がんばれーーー!!

 

と観ていて思わず本気でエールを送ってしまったほど引きこまれた熱い物語です。夜寝る前に見ると、興奮して眼が冴えて眠れなくなります。でもものすごくいい映画!!みてよかったーーー!!