ZUMBAインストラクター・バイラちゃんの雑談ブログ

見た映画や美術展やライブのこととか、雑談を書きまくっちゃうぞー!!いぇーい

最近みた映画のはなし「わたしは、ダニエル・ブレイク」

観たいと思ってた映画が立て続けにDVD化されました。


「わたしは、ダニエル・ブレイク」予告編

「わたしは、ダニエル・ブレイク」英国の福祉問題にスポットを当てた社会派映画。引退を宣言したケン・ローチ監督が引退を撤回してでも声高に訴えたかった熱いテーマです。

 

行政関係者の立場になれば、一定のルールに則って公平な施行をしなけりゃいかんのは解るし、みんなが個人裁量や温情で動いたら、そりゃエライこっちゃだけど、けども、融通をきかせてもOKな部分だって絶対あるじゃないですか。

 

この映画を観ている間に、「それぐらい融通きかせても、、、」と思ったこと数知れず。もし私が主人公側だったら、もっとブチ切れて喚き散らすかもしれない。

 

だけどみんなが苦難をじっと受け止めて、しかも他者にやさしくする余裕がまだまだある。その神々しさと温かさに心打たれました。

 

個人的にあの結末は嫌いです。

 

なぜなら、がんばった人はすべて報われてほしいから。そういう風に世界はできていないみたいだけど、それでも、頑張った人が報われてほしいと心から願ってやみません。