ZUMBAインストラクターバイラちゃんが雑談をつづる個人ブログ

ZUMBAサークルBailandoインストラクターのバイラがZUMBA以外のことを気ままにつづる個人ブログです

ガチャガチャがしたーい!!

JR東京駅の京葉線構内(国際フォーラムの下)にある、ご当地ガチャガチャがとても気になってます。現在4種類出てます。

やってみたいけど一回400円かぁー!!

欲しいのが出たら高くないけど、欲しくないのが出たら泣ける( ノД`)シクシク…

私は千葉版の「幕張メッセ」がほしいでーす!!

 

---------------

「ズンバZUMBAサークルBailando吉祥寺」という誰でも気軽に参加できるクラスを担当しています。こちらもぜひよろしくお願いします。みんな遊びにきてねー!!(現在は女性限定クラスです)

ズンバZUMBAサークルBailandoバイランド吉祥寺ブログ

A.B.C-Zの舞台「ジャニーズ伝説」を観てきた話

私が今年のお正月に抱いた抱負は「今年は、観たことが無いエンタメもぐいぐい観る年にする」その代表として挙げたのが「劇団四季」「歌舞伎などの日本の伝統芸能」「ジャニーズ」でした。ブログにもそう書きました。

 

「そんな抱負は、チケットを買えばいつでも簡単に叶うなー」と甘くみてましたが、9月を過ぎた時点でひとつも叶えられないままでした。家族の病気入院などでバタバタして、正直それどころじゃなかったのです。

 

「チケットを買う」って、イコール、「その日の予定決定!!」でしょ。

 

そんな簡単なことが出来ない状況でした。

 

エンタメのチケットって半年前ぐらいから先行予約が始まって、その時にえいっ!!と押さえておかないとムリじゃないですか、例えるなら、大縄跳びにうまく入れない人みたいな歯がゆい状態が長いこと続いていました。

 

だけど、私だって自分の人生の、どこかのタイミングで「チケットはとりあえず取る。もし行けなくなったらその時に考えよう」モードに変えなきゃ、永遠にずーっとチケットが取れないまんま。

 

というわけで、

 

えいっと思いきって申し込んだのが、ジャニーズのA.B.C-Zの舞台「ジャニーズ伝説」でした。抽選に申し込んで、無事当選して、その日が無事に来るのをドキドキ待ちました。

 

先日その日がやっと来ました! 

 

初めてのジャニーズの現場は緊張しました。初めて行く劇場、初めてご一緒するえびファンの方たち、初めてのジャニーズ舞台、そして初めてのジャニーズ本物。すべて初物尽くし。あー緊張する

 

A.B.C-Zは、TVでおなじみ「金髪、筋肉、塚ちゃんです!!」の塚田くんがいるグループです。アクロバット・ボーイズ・クラブを略してA.B.C-Z

 

つまり、みんな身体能力がとても高いです。脇を務めるジャニーズ.Jr(トラビスジャパン、メイド)も全員びっくりするほど踊って飛び跳ねまくります。若いっていいなー!としみじみ思いました。

 

ちなみに「ジャニーズ事務所」の歴史って、みなさん知ってますか? 私はぜんぜん知らなかったので、今回ビックリ&ジャニーさんリスペクトですよ。

 

戦後、ワシントンハイツという米軍住宅があった現在の代々木公園。1960年当時、そこに少年野球のチームがありました。フェンス越しに眺めていた日本人の少年たちも、快くチームに迎え入れた監督がジャニーさん。

 

雨で練習が出来なかった日、みんなで映画館へ行き「ウェストサイドストーリー」を観て野球少年たちは衝撃を受けます「あんな風に歌って踊りたい」俺たちも活躍したいぞ!!

 

「じゃあ、エンタメの本場アメリカにみんなで一緒に行こう!!」とジャニーさんは飛行機のチケットを差し出します。当時、海外旅行なんてほとんどの人ができなかった時代。ジャニーさんって何者???すごいですねー

 

そして、ジャニーズはアメリカデビューに向けて着実に階段を上っていきます。しかし、日本の芸能界との兼ね合いで急遽帰国せざるを得なくなり、つかみかけたアメリカデビューは指の間からこぼれ、、、日本でもうまくいかずに解散することに。

 

当時ジャニーズのメンバーの一人、あおい輝彦さんは過去を振り返ってこう言います。

 

「自分たちが蒔いた種がその後大きく花開いた。だから悔いなどない」

 

そしてジャニーズ事務所は今年55年目。フォーリーブス近藤真彦シブガキ光GENJISMAPTOKIO、キスマイSEXYZONEなどなど、そしてA.B.C-Zとその長い歴史の中で多くのスターを輩出し、日本のエンタメ業界の大きな柱であり続けているのです。

 

はぁーーー!! ジャニーさんかっこいい!!

80代の今でも現場に立ち、タレント指導をしているそうです。

 

最後に、この機会にA.B.C-Zのメンバーを紹介しますね。

A.B.C-Zは、テレビ東京系列で「エビちゃんズー」というバラエティ番組をやってます。私もたまたま見たこの番組で興味を持ちました。

 

「ジャニーズを好きになると人生が超楽しくなるよー」と、周囲に言われ続けてうん十年なのですが、やっとその日が来たかもしれない!! なんか楽しい!!やったー!!
f:id:conte100:20171020115242j:image

 

---------------

「ズンバZUMBAサークルBailando吉祥寺」という誰でも気軽に参加できるクラスを担当しています。こちらもぜひよろしくお願いします。みんな遊びにきてねー!!(現在は女性限定クラスです)

ズンバZUMBAサークルBailandoバイランド吉祥寺ブログ

最近みた映画のはなし「トンネル/闇に鎖された男」韓国映画

いやーハラハラドキドキの2時間7分でした。夜寝る前に見たので興奮してしまい、しばらく寝付けなくなりました。


トンネル 闇に鎖された男(吹替版)(プレビュー)

 

全長1.9kmのトンネルが崩壊して、生き埋めになってしまった主人公(イ・ジョンス)。手元にあるのは500mlペットボトル2本とバッテリー78%の携帯電話、娘への誕生日ケーキだけ。

 

すぐに駆け付けた救助隊長と携帯で連絡が取れ、「一週間はがんばってくれ」と言われて、わずかな水とケーキで飢えをしのぐのですが、事態はどんどん悪化して、、、というストーリー。

 

映画が始まってわずか10分でトンネル崩落シーンなので、「あと120分どうやって話をもたせるのだろう?」と不思議になります。瓦礫の中であまり動けない主人公をずーっと映しても、画面が持ちません。

 

と思ったら。これがビックリするほどめくるめく展開で、あっという間の127分なんですねー

 

トンネルの中だけではなく、外側の世界も同時に描くことで話がどんどん盛り上がります。特に、主人公の妻(ペ・ドゥナがすばらしい)と、救助隊長(オ・ダルス)たちの熱い奮闘ぶりが心にジーンときます。

 

助かるのか?と思いきや、やっぱダメかも、、、いやいや助かる!!、、、でもでも

 

救助が長引くにつれ、外の世界では「きっともう死んでるよ。家族の為に死体だけは掘り起こしてあげたいよね」という扱いになっていく主人公。一人の命のために国家が何をできるのか?という最終局面で下される残酷な決断!!!

 

でもあきらめないでーーーー!!がんばれーーー!!

 

と観ていて思わず本気でエールを送ってしまったほど引きこまれた熱い物語です。夜寝る前に見ると、興奮して眼が冴えて眠れなくなります。でもものすごくいい映画!!みてよかったーーー!!

最近みた映画のはなし「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

ジェイク・ギレンホールが大好きです!


『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』予告

ジェイク・ギレンホールが大好きですが、「妻を失くした男の物語」と聞いて、そういう悲しいのは観たくないなーと思ったのが正直なところ。

 

自分が父を先月に亡くしたばかりなので、人の死ぬ話はフィクションでもしんどい。

 

と思っていたのに、違う作品に入っていた予告編を見たら、なんか想像してるのと違うんですよね。お涙頂戴な悲しいストーリーではない。むしろコミカル!?

 

じゃあ観ようかな!!ジェイク・ギレンホールだし

 

ということで観ました。

 

妻が目の前で事故にあって亡くなるという衝撃のあとに、「あれ変だな?あんまり悲しくないぞ」と気づく夫。ちょっと夫婦間も冷めていたし、それほど愛してなかったのかな?みたいな感じで、ずーっと飄々としています。

 

冷蔵庫やパソコンなどの、家電や什器をかたっぱしから分解しはじめるという奇行が始まり、周囲の人たちは「ほら、奥さんを亡くしたショックでおかしくなってるんだ」と解釈するのですが、当の本人は、ずーっと飄々としています。

 

主人公のナレーションがずーっと続き、観客も主人公に感情移入して観るし、そうすると「そんなに悲しくないよねー」みたいな気分が伝染してくるのですが、映画のラストにさしかかって、主人公の心が変化します。

 

悲しみを受け止めるのにある程度の時間が必要だった。愛はあった。ないがしろにしていただけで。そう認める主人公を愛おしく思いました。

 

やっばりジェイク・ギレンホールはいい!! この主人公がこんなに魅力的なのは彼が演じたからだと思います。やっぱ好きだー!!

最近みた映画のはなし「ムーンライト」

これは映画館の大きな画面で観たかったなー!!と思いました。


アカデミー賞作品賞!『ムーンライト』日本版オリジナル予告

 

いじめ、貧困、家庭崩壊、ドラッグ、暴力、という重苦しいテーマなのに、観ていてそんなに辛くならなかったのは、ひとえに画面の美しさと主人公のイノセンスゆえ。

 

色彩も構図もモチーフも、目に映る全てが終始美しい。そして主人公もあんな陰惨な半生を過ごしながらも、純粋な魂を持ち続けたように見えます。

 

平和で幸せで豊かな環境で生きる人がキラキラ魅力的なのは、そりゃそうだーと思うけど、不幸続きな人が、不幸につぶされず魅力的でいるのは、強烈にかっこいい。

 

主人公がのちに再会する同級生との、「未来の選び方の違いっぷり」が悲しかったけど、それでも彼を擁護したくなりました。間違った人生チョイスかもしれない。だけど彼のあの時点のベストがあれなら、それでいいやんけ。

 

世間一般の幸せの基準とは違うとしても、彼は彼なりにこれから幸せになれたらいいなーと思いました。

最近みた映画のはなし「エイリアン・コヴェナント」

「エイリアン」と言えば映画界における伝説的シリーズ、ですよね。その最新作を観てきました。


映画『エイリアン:コヴェナント』予告A

過去に「エイリアン」シリーズを観た記憶もおぼろげなので、いきなり最新作だけ観て話についていけるか不安だったのですが、今回の映画上映にあわせて「エイリアンシリーズ一挙放送」があったので全部録画して、それをちゃんと観ればバッチリだなーと思っておりました。

 

が、私生活でいろいろありすぎて、そんな時間がナッシング!!!

 

結局、何の前知識もなく、「エイリアン」シリーズのど素人として、いきなり映画館デビューする羽目になっちゃいました。いやーハラハラドキドキ。

 

結論から言うと、万事オッケー!!

 

エイリアンシリーズのファンの方たちには評判のよろしくない今作。お見かけしたところ、その最大の批判理由は「エイリアンシリーズとしての統一感が欠けている」「番外編みたいになってるー!!」

 

そこが、私みたいなシリーズ素人にはハマったんですね。ちょー面白かった!!

 

ディズニーランドでも、最近では悪役ブームですが、私も悪役に惹かれるタイプなので、この「エイリアン・コヴェナント」は、すっごいツボでした。

 

悪役がすんごい魅力的って、いいですよね!! そしてあの衝撃のラスト!!あぁぁ、、、超ビックリした。あごが落ちるかと思いました。

 

吉祥寺での上映は終了しましたが、もし観る機会があったら、エイリアンの前知識ゼロで観る事をおすすめします。その方がたぶん楽しい!

最近みた映画のはなし「わたしは、ダニエル・ブレイク」

観たいと思ってた映画が立て続けにDVD化されました。


「わたしは、ダニエル・ブレイク」予告編

「わたしは、ダニエル・ブレイク」英国の福祉問題にスポットを当てた社会派映画。引退を宣言したケン・ローチ監督が引退を撤回してでも声高に訴えたかった熱いテーマです。

 

行政関係者の立場になれば、一定のルールに則って公平な施行をしなけりゃいかんのは解るし、みんなが個人裁量や温情で動いたら、そりゃエライこっちゃだけど、けども、融通をきかせてもOKな部分だって絶対あるじゃないですか。

 

この映画を観ている間に、「それぐらい融通きかせても、、、」と思ったこと数知れず。もし私が主人公側だったら、もっとブチ切れて喚き散らすかもしれない。

 

だけどみんなが苦難をじっと受け止めて、しかも他者にやさしくする余裕がまだまだある。その神々しさと温かさに心打たれました。

 

個人的にあの結末は嫌いです。

 

なぜなら、がんばった人はすべて報われてほしいから。そういう風に世界はできていないみたいだけど、それでも、頑張った人が報われてほしいと心から願ってやみません。